2019年7月5日金曜日

初めてのリピーター

FAXDMの活動を始めて1年くらい経った。
初めての、リピーター。

5月に最後の配信をしたお客様だった。
配信中もこれといって喜びのお声をいただいたりしたことはなかった。
継続は無いだろうと思っていた。

ところが、今日、リピート希望の連絡が。

びっくりした。

案件によって、配信先の反応も様々だし
クライアントの反応も様々だ。

悲喜交々、様々なお声が届く。

そして、お声が届かない場合もある。

今回は、リピート希望という形でお声が届いた。
リピートするくらいだから、成果はあったのだろう。
成果は、会社の秘密だからということでお知らせいただけない場合もある。

もちろん
たったの○○件しか来なかった!
とお教えいただける場合もあるけれど。
(同じ件数でも大喜びの場合もあり、マインドセットの違いで人生変わるのだとあらためて思う。)

とにもかくにも、初めての、リピーター。

これまでおよそ1年間、いろいろあったけれど
続けて良かったのかもしれないと思った。

それにしても
嬉しい、というよりは、ほっとした、という感じが近い。
これは由々しき事態だ。

何かに思いっきり取り組んで、嬉しい、という感じを味わいたい。
ほっとするのは、どこか間違っている気がする。
無理やり、取り組んでいる気がする。

成果を出さなければならないというプレッシャーがあるのだろう。
しらずしらずのうちに、かなりきている気がする。

代理店に相談したら、電話はすぐに出られるのがベストだけれど
昼過ぎくらいまでに来た連絡に対しその日のうちに折り返し連絡できればいい
ということになった。
常に待ち受けだと気が休まる時が無い。
これがかなり精神的負担になっていることに気づいたので
相談したのだ。

思い切って、言ってみてよかった。


今週末、実家に行こうかどうか、相変わらず迷ったけれど
やはり、行かないことにした。

疲れすぎている。
6月、忙しすぎた。
その反動が、今来ている気がする。

東京駅まで行くのは、想像しただけでうんざりだ。
地元の新幹線の駅まで行くのだって、無理だ。
今夜品川まで行くか
明日の朝、自宅から出発するか・・・
どちらも無理だ。

静岡や名古屋なんて、もってのほか。

仕事が軌道に乗って、自分も元気になるまでは
実家に行けそうにない。

仕事とプライベートのバランスを適正なものにしていくのが
今後の課題のひとつだ。