2019年2月3日日曜日

インスタを始めて1週間くらい経って思ったこと。

疲れた。
もう、無理。

最初は、とても楽しかった。
Facebookと違うと思った。

しかし、結局のところ同じだった。

私は、コメントやメッセージにうまく対応できない。
いや、結果的にはできるのかもしれない。
あるいは自分はうまくできなかったと思っていても
相手にとっては悪くなかったりするのかもしれない。
けれども、うまく対応しようとして無理!になってしまうのだ。

これは、Facebookに限らず、他のSNSでも同じだった。
グループチャットとかも。

何も気にしないで、どんどん返事を出したらいいのかもしれない。
あるいは、返事することなんか気にしないで
どんどん投稿したらいいのかもしれない。

けれども、それができない。

コメントしなきゃ、返事出さなきゃと思うと
投稿は後にしなきゃと思えてきて、かなりストレス。
投稿の内容も、いろいろ考えてしまう。
したいことが自由にできない。

あるいは、自分自身で制限をかけているだけなのかもしれないけれど。

いいねにいいねを返したり
いいねやコメントくれた人は全員フォローしたり
というのも、だんだん大変になってきた。

これは、自慢ではなく、事実だ。

あまりにもたくさん過ぎると、対応が追い付かない。
しかも、流れるから、誰が何をしてくれたのかわからなくなる。
そしてまた混乱する。

もう、全員フォローはしないことにした。
よくよく考えて、フォローするのだ。
いいねだけする関係もいいものだ。
1回だけのいいねでも。

旅先で出会った人と、ちょっと言葉をかわす、そんな感じ。

フィードにいろいろ流れてくると、正直しんどい。

で、結局、ブログに
書きたいことを書きたいように書きたいだけ書くのが
私に一番合っている気がしたのだ。

インスタグラムは今後も週1くらいのペースで続けようかしら。
始めて1週間で大事なことに気付けて良かった。

誰かがいいねやフォローをしたからといって
私がその人にいいねやフォローをしなくてもいいのだ。
逆も然り。
ゲシュタルトの祈りなのだ。

例えば私が魚屋さんからお魚を買ったとしても
魚屋さんは逆に私から何か買わなきゃいけないわけではない。

いいと思うかどうかは人ぞれぞれだし
お互いにいいと思うかどうかは
4パターンあるのだと思った。

お互いに合う
お互いに合わない
AがBを好き
BがAを好き

私がいいねやフォローをもらうのに
交換条件は無いのだ。
好きって、純粋に、好き。
それだけでいいのだ。
もし私が好かれたとして、逆にその人を好きにならなくてもいいのだ。

とはいえ、いいねとかフォローとかあると
なんか、嬉しくて、ありがとうを伝えたくもなってしまうのだけれど。
これからはとりあえずいいねのピンポンダッシュでもしておこうかな。

溜まりに溜まったフォローを解除したらずいぶん少なくなった。
不思議なことに、その後もフォローされた。