2019年1月5日土曜日

グレーの無いグレースケール

***旧本館より移植***

2018年9月15日


私は、駄洒落が好きです。
だから、屋号も駄洒落風にできたらと思っていました。

「白黒ええよん」を思いついた時は
もっとカッコイイ、カタカナの名前にしよう!
事業内容が分かりやすいのがいいのでは?
濁音や半濁音を入れたい!
短いのにしたい!
しかも、誰も使ってないようなの!
かつ、駄洒落!
などなどと考えていたのですが

思いつかず
これ以上考えて開業届の提出が遅くなるよりはこれが今の私のベストなのだ
と思い
そんなに嫌なわけでもないしということで、これにしました。

開業届は屋号がなくても出せますが、私はどうしても屋号を付けてみたかったのです。

納得いかないまま提出してしまった「白黒ええよん」。
変わったお名前ですね。何をされているんですか?
という会話のきっかけ作りに大活躍してくれるかもしれません。

とはいえ、その後私は答えに窮するかもしれません。
私は、口下手です。咄嗟に言葉が出て来なくて、悲しいことやもどかしいことが
多々あります。だから、ここに書いておきます。

私は、何をしているのか?
横210mm×縦297mmのスペースで表現活動を行なっています。
FAXDMは、白黒の世界です。
白と黒だけ。グレーは存在しません。
コントラスト、かなり高めです。というか、最高です。

私は元来、緑が好きでしたが、最近、この白黒の世界も気に入っています。
写真を送るとエライことになります。ギャグでしょ!?みたいな感じです。
それを狙って送ることもできるかもしれません。
私が作成している紙面には写真が入りません。

チラシや広告というよりは、誠実な、お手紙のような感じです。
私は、このお手紙風が気に入っています。

FAXDMは、モノクロの世界でもあります。黒のモノクロです。
私がとりわけ好きな緑でもモノクロはできますがFAXは黒です。
機種や使用方法によっては黒ではない時もあるかもしれませんが、私は黒を想定して紙面作成しています。

私にとっては、それぞれの色にはそれぞれの性格や性質が感じられます。
黒は、シーンとしています。その黒で、FAXは語ります。問わず語りです。
モノクロームの、モノローグ。

私はついついたくさんのことをFAXに語らせたくなります。
FAXDMは、A4の世界です。しかも、たいていは、1枚。

ご要望に応じて、2枚、3枚の紙面も作成しています。
料金もそれに応じて、2倍、3倍・・・。
1枚のA4のスペースに、書けることには限りがあります。
生来書くことが好きで、制限なしで放っておけば際限なく書いてしまいそうな私には、ちょうどいいのかもしれません。

A4のスペースに文字だらけの白黒の世界を創り上げる。
それが「白黒ええよん」の活動の楽しさのひとつです。

白黒、ええよん。